お寄せいただいた出会い系でのメールテクニックや注意点の第3弾です。

食べ物の話からエロトークに持っていく

エロ系の話ってタイミングとか難しいです。
それに比べて、食べ物に関する話題は割とフリやすいと思います。
食べ物の話題で「激辛系が好き」かを聞くことでエロ系の話をフリやすくなり。
激辛好きと言えば「ドMなんだー」という訳です。
そこから「実際は?」など突っ込んで行けます


メリットを伝える

「パスタが美味しい店があるんだけど行きませんか?」とメリットを伝える。
「会いませんか?」「デートしてください」よりも効果的。
パスタの話をしたり、店の魅力を伝えた方がより良い効果が得られています。


気遣い系のメール

「体調崩さないようにね」「仕事きつそうで心配だよ」などのメールを
遅くまで残業してた時、試験勉強で疲れてる時に送ってあげます。


名前を入れる

メールで相手の名前入れてますか?
心理学にも自分のことを名前で呼んでくれる人に好感を持つ傾向があります。
でも、毎回入れる必要はありません。入れ過ぎも逆効果です。
相手に質問をする時、お礼や挨拶などの時だけでも入れるようにします。
「●●さん、おはよう」「●●さんは、どう思いますか?」などです。


愚痴・悪口・批判を少なくする

「軽そう」よりも「いい人そう」である方が会ってもらいやすい気がします。
いつも人の悪口ばかりを言っている人に好意を持ちにくいですよね。
良い所などを指摘してたりポジティブなメールの方が好まれます。