メールだけより電話おしていた方が会える

メールだけの場合と、電話もした場合では、電話をしていた方が会えます。
文字だけのメールと違い、相手の雰囲気やテンションなど、声から得られる情報も多いです。

「10分だけ」など時間を決めておくと良いです。
あまり長くしすぎず「続きは会った時にでも話そう」と言えるくらいがベストです。

電話する前に話すネタは考えておく

どんな話をしたいのか?考えてから電話をしないと電話で無言という微妙な空気になります。
微妙な空気になれば「あんまり面白くなさそう」「会っても微妙かも」と会う気が無くなりかねません。

特に最初の電話は相手も緊張して上手く話せないこともあります。
電話での会話で楽しい気分にすることで、「会って話したら楽しそう」という印象を植え付けられます。

そして、会ってからの緊張が軽減できます。
1度よりも2度、3度と回数が多い方が相手も気を許してくれます。

人見知りや緊張や警戒で会った時に過度の緊張をする女性も少なくありません。
緊張のし過ぎでは、楽しい印象を持ってもらうのも難しいです。
楽しい印象を持ってもらえないと、2度目のデートに結び付けるのも難しいです。

電話する理由

「ちょっと話してみない?」と軽い感じで誘ってみます。
相手の生活リズムや状況などは気遣った方がいいです。
お風呂から上って30分後くらいの時間帯や食後など寛いでる時間帯が狙い目です。

理由がないと電話に誘いづらい場合は、
「メールだと伝えにくいから電話ではなしたいなー」
と言った感じで話の流れなどから電話を誘います。

または、「××ちゃんは、電話とか好きな方?」と確認します。
「嫌い」という女性は少ないので、そこから「少し話したい」と伝えます。

断れたら「じゃあ、今度ねー」とでも余裕を持って対応しましょう。
「なんで?いいじゃん」など強引に迫るよりも余裕を持った方がいいです。

電話で話せれば警戒心も弱くなっています。
約束もメールよりも電話でした方が気軽な感じで誘いやすいです。