イメージしやすくポジティブに

「女性が苦手です」などネガティブな自己紹介はNGです。
これでは女性に良さが伝わりません。

「女性が苦手です」なんて書かれたら相手にしてもらえません。

自分がどんな人間なのかを相手に伝えるのがプロフの役割です。
休みは何をしているのか、趣味は何か。好きな食べ物は何か。
相手に具体的にイメージしてもらいやすくします。

短すぎず長すぎず

「趣味:映画」

これではサッパリわかりません。一言だったり、箇条書きではイメージが掴みにくいです。

映画と言っても、洋画もあれば邦画もあります。
アクションだったりホラーだったりジャンルだっていろいろです。

「趣味は映画です。早く仕事から帰れる日は家でDVDで映画を観ながら寛いでます。
ジャンルは何でも見ますが、洋画のヒューマン系が好きで見ます。」

同じ映画でも印象は大きく変わりますよね?
長すぎても読むのも面倒くさくなってしまうので、気を付けます。

好きな食べ物や、休みの過ごし方なども同じように書きます。
趣味も好きな食べ物も共通する方が共通点も多く距離感も縮まりやすいです。

求めている女性を伝える

セフレを求めていても「セフレ募集中」ですなんて書いても逆効果です。
最初からセックス目的では女性も会いづらくなります。
「流れでエッチしちゃった」という言い訳を作りづらくします。

求めている女性についても具体的に書きます。
さっきの映画の例であれば、「映画が好きな人」「一緒に映画へ行ける人」などです。

好みのタイプを具体的にしすぎない

「スタイルは細めで髪はロング、バストは・・・、料理ができて・・・」
こんな希望ばかりの好みを具体的に書くのはNGです。